こんな症状のあなたは
アテローム血栓性脳梗塞の可能性があります
  • 運動機能に問題が無いのに「靴がうまく履けない」など自分のしたい動作ができない
  • 手足がマヒする
  • 手足のしびれ、ケガの痛みが感じられない、熱い(冷たい)物に触れても感じにくくなる
  • 言葉が出てこない、聞いても理解できない
  • ろれつが回らない
  • 目が一定の方向を向いたままになり、戻せない
  • 両目または片目の視野が半分もしくは4分の一欠ける
  • 突然意識を失う

心原性脳梗塞とは

心原性脳梗塞は「心原性脳塞栓」とも呼ばれ、心臓にできた血栓が脳の血管まで到達し、詰まることで脳に障害がおきる病気です。
血栓が溶けるなどして詰まっていた部分に再び血液が流れた場合、詰まっていた血管が破れて
「出血性梗塞」という重い脳梗塞になることもあります。

「心臓病」がこの病気に影響し、心臓の異常が原因でできてしまった血栓が脳に到達後、
突然重い症状が現れたり、血栓が無くなっても「出血性梗塞」をおこし重症化するので大変危険です。

心原性脳梗塞の原因

「心臓病」が原因と言われています。
心臓病になり不整脈などの異常な脈の打ち方がおきると、血液を一度にすべて
流れさせることができず、血流が悪くなって「血栓」ができます。
この血栓が、心臓を出て脳の血管を詰まらせることで脳梗塞に至ります。

また、心臓病の治療のために「人工弁」をしている人も発病のリスクがあります。

心原性脳梗塞の症状

心原性脳梗塞の症状は日中に突然現れます。
症状は重く命の危険があるので以下に挙げた項目をよく確認してください。

・運動機能に問題が無いのに「靴がうまく履けない」など自分のしたい動作ができない
・手足がマヒする
・手足のしびれ、ケガの痛みが感じられない、熱い(冷たい)物に触れても感じにくくなる
・言葉が出てこない、聞いても理解できない
・ろれつが回らない
・目が一定の方向を向いたままになり、戻せない
・両目または片目の視野が半分もしくは4分の一欠ける
・突然意識を失う など

心原性脳梗塞の後遺症

「心原性脳梗塞特有の後遺症」というものは無く
脳梗塞は発症後、適切な処置をしても、脳が受けたダメージが大きいと
言語・運動など「損傷した部分が担当していた機能」を取り戻すことができず
以下に挙げたような後遺症が残ってしまいます。
リハビリなどである程度機能を回復することはできますが、杖や人の介助が必要になったり
以前と同じ生活を送ることは難しい場合が多いのが現状です。
以下に挙げたものは心原性梗塞発症後に起こりうる後遺症です。
また心原性脳梗塞は発症後の後遺症が重いことが多く「寝たきり」となってしまう場合もあります。

神経障害

片麻痺・半身麻痺(半身不随)

・体の左右どちらかが麻痺して「全く」もしくは「少ししか」動かない

高次脳機能障害

記憶障害

・過去のことが思い出せない
・新しいことが覚えられない
・直前にあった出来事をすぐ忘れる
・同じことを何度も繰り返して話す

感情(気分)障害

夜間譫妄(やかんせんもう)

・夜になると幻覚や幻聴に襲われ、暴れたり大声を出したりする

ここで上げている物は脳梗塞の後遺症のほんの一例です。
脳梗塞の後遺症については以下にて詳しく紹介していますのでぜひご覧ください。

→脳梗塞の後遺症へリンク

心原性脳梗塞の死亡率

心原性脳梗塞の死亡率は高く約12%は発病後退院できています。
アテローム血栓性脳梗塞(約6%)、ラクナ梗塞(ほとんど死亡しない)と比べると死亡率の高さは
第1位となります。

脳梗塞は時間との勝負です。
対応が早ければ早いほど死亡率・後遺症の重さは下がります。
心原性脳梗塞は特に死亡率が高く、発症した場合はすぐに医師の診断を受けて下さい。

ページトップ